お風呂は少しだけ考えて入ればグンッと眠りにつきやすくなる

生活習慣で不眠解消お風呂, 足湯

人が眠りにつくときには体温が下がります。前もって体温を上げておけば、下がるときに自然と眠りにつきやすくなるのです。毎日の入浴をちょっと工夫することで、眠りやリラックスを誘えますよ。

快眠入浴のポイント

  • お湯の温度は少しぬるめの38℃~40℃くらい
  • 10分~20分ゆっくり浸かる
  • 入浴する時間は寝床につく1時間くらい前

お風呂は身体が温まり筋肉のコリがとれリラックスします。すると副交感神経が働くので気持ちが穏やかになり血液の循環もよくなります。入浴後は汗がひいてだんだん体温が下がってきます。これを利用すれば眠りにつきやすくなるというわけです。

どうしても熱いお湯でなくては嫌だという人は寝る前の2~3時間前に入浴しましょう。入浴後に、ゆっくりとリラックスして過ごせばあまり寝つきに影響はないでしょう。ただ、熱いお湯は心臓に負担をかけるので、少しずつぬるめに慣れていくことをおすすめします。

温度と照明にも気をつける

急激な温度変化は身体に負担がかかり危険です。冬場の脱衣所の温度は18℃以上になるようにしましょう。 寒いお風呂場もシャワーの温水で温めてから入るようにすると 「ヒートショック」が防げます。

お風呂の照明には電球色を使いましょう。赤みがかった色の方がリラックスしやすいからです。脱衣所の照明を間接照明として使いお風呂の照明を消して入れば、ちょっとした露天風呂気分が味わえます。暗すぎると危ないので気をつけてください。

全身入浴ができない時

疲れて帰ってきて、もうお風呂に入る元気もないという事はありませんか。そんなときにおすすめなのが「足湯」です。体調がいまひとつという時や冷えて眠れないときにもいいです。

足湯の方法

足湯の方法は簡単です。深めの容器に38℃くらいのぬるま湯を入れ、両足をお湯につけます。そのままの状態で時々、さし湯をしながら42~43℃まで温度を上げていきます。時間は30分~1時間が理想ですが体が温まったなと感じればOKです。

お湯につけているのは両足だけなのに体がポカポカしてきます。足は第2の心臓といわれるように体を巡ってきた血液を心臓に送り返す役割があります。足を温めると温まった血液が全身を循環するので体全体が温まり冷えとりも同時にできるのです。足湯の容器ですが、大きくて深めの洗面器やバケツなどでいいと思います。個人的に清掃用バケツは止めといと方がいいと思います。

あとがき

足だけなのに不思議とサッパリして寝つきやすいです。夫が体調不良の時にも足湯をしてあげました。足湯には大満足だけど清掃用バケツは気に入らなかったみたいです。専用の足湯バケツは取っ手がしっかりしていて、深さがあるので下に古バスタオルなどを敷けばリビングでも使えます。精油を数滴、落とすと香りでリラックス効果がアップしますよ。