よくある眠りの疑問

睡眠時間は何時間がいいの?

個人差が大きいのでよく言う8時間は気にしなくていいです。極端に短い長いといった特殊な睡眠時間の持ち主でなければ大体6~7時間くらいが平均です。眠りで大切なのは長さより質です。

寝酒で眠れるから大丈夫!

アルコールが効いている間だけ眠っているようにみえます。早く目覚めたり途中で起きたりします。利尿作用でトイレが眠りの妨げにもなります。耐性ができると眠れないから飲む、飲むから眠れないの悪循環です。肝臓への悪影響も心配です。

タバコは関係ないでしょ?

タバコを吸うとリラックスできるのはニコチンによるものです。ニコチンは血管を収縮させて血圧や心拍数を上げます。覚醒作用があるので頭は一時的にスッキリしますが寝つきが悪くなり深い眠りを妨げます。

若い頃のように眠れない

年齢相応に変化したものです。生活も若い頃ほど活発ではなくなりますから眠りの必要な量も減るのです。活動量が下がると睡眠物質メラトニンも減ってきます。活動的な生活を意識して外出をして日光を浴びればメラトニンの分泌も増加します。

病院は何科に行けばいいの?

眠りの悩みを扱うおもな診療科は睡眠の専門医 、精神科、神経科、心療内科 、かかりつけの内科です。睡眠時無呼吸症候群を疑っているなら耳鼻咽喉科、呼吸器科、循環器科がいいです。睡眠科という標榜は認められていないのでわかりにくいですね。

Posted by hinata