レム睡眠とノンレム睡眠

眠りには2種類があり、一晩のうちに2種類の眠りを行き来しながら眠っています。2つの眠りはそれぞれが異なる役割を分担しています。

眠りには2種類ある

「レム睡眠=浅い眠り」

レム睡眠とは、急速眼球運動(rapid eye movement)をともなう睡眠のことです。頭文字でレム(REM)睡眠といいます。急速眼球運動とは、閉じたまぶたの下で眼球がキョロキョロと動くことを指しています。体は休んでいるのに、脳は覚醒に近い状態で夢を見ていることが多い眠りです。

「ノンレム睡眠=深い眠り」

ノンレム睡眠とは、レム睡眠でない眠りという意味です。体は休んでいますがある程度は活動していて、脳は休んでいる状態で安らかな眠りです。脳の大脳皮質の活動が低下していることを示す徐派(じょは)という脳波が出ます。

眠りの深さは4段階

人の眠りは脳波をもとに睡眠深度を4段階に分けることができます。寝入りばなの約3時間のあいだに、とても質のよい大切な眠り( 熟睡 =深いノンレム睡眠)が現れます。眠りに満足感を得られるかどうかはこの時間に眠れるかどうかにかかっています。その後は、浅いレム睡眠とノンレム睡眠の組み合わせとなります。

この2種類の眠りが約90分の単位をつくり、4~5単位で、一晩の眠りとなっています。そして、各単位の終了時ごとに目覚めやすくなります。ノンレム睡眠は脳を鎮静化するための眠り、レム睡眠は脳を活性化するための眠りだといわれています。単位には個人差があります。

Posted by hinata